1月27日(土)外でのお昼・オペレッタを見る・ガレリア

・こうちゃんの塾の先生から電話あり。この前のテストの結果をお知らせして下さる。算数と国語の二教科だがこういう点数でした、よくできていましたとのお知らせ。国語の読解文のお話を早速借りてきたんですよと話す。2年生からは簡易感想文の様式が変わるとのことだったので、送っていただくようお願いした。また新たに加わったお子さんがいるんですよね、と水を向けたら、クラスの様子は今まで3人だったのが新たに3人増えるので、2年生からはこれまでの個人授業のような感じから変わって手を挙げてからお話しようとかルールを変えていこうと思うとのお話。学年が一つ上がるとまた授業の進め方も変わってくるのだろう。テストの問題を見ても学年の差はうかがえ、アタマの遊びから一歩進むような感じ。
・こうちゃんはサイエンス倶楽部に午前中は行っていたので、帰ってきてからお昼をとりに珍しく近場にどこかないか探してお散歩。結局御苑の近くのイタリア料理屋さんに。その前は何回も図書館に行くときに通るのだけれど入ったのは初めて。ピザ・スパゲティ・サラダ・ジュースを美味しくいただく。天井が高いし、雰囲気が落ち着いていてなかなかよい。お店のウェイターさん達がなかなか体育会系なんだけど。
・帰りにクリーニング屋さんにママが寄っている間近くの公園で遊ぶか、とぶらぶら行ったら、こうちゃんは少し離れた別の公園にある遊具で遊びたいとのこと。ママの荷物を持っているけどいいかなと思って行く。こうちゃんはそこでお目当ての遊具で遊び、また靴下を脱いで登り棒を登る。意外にちゃんと登るのでびっくり。
・新宿文化センターの小公爵の公演時間が近づいてきたのでそろそろ帰ろうよと促して、一応ママがいるかどうか確かめようと行ったら、こうちゃんが珍しくとっとと行ってしまい、見失ってしまう。迷子になったかと思い、その辺りをうろうろ探したが見つからないので、一旦家に帰って自転車で探すかと帰ったらうちの前にいてほっとした。
・それから小公爵を見に行く。オリジナルの訳詞でそのばかばかしさを満喫。役者の皆さん、合唱の皆さんお疲れさま。新宿オペレッタ劇場によく出演される歌い手の方はそれぞれの持ち味がよく生かされていてとてもよい。主役のラウルさんはほとんど出ずっぱりで歌い通し。そんな中で田舎娘に変装して、しかも歌ったりと多彩な活躍。ブランシュさんは初々しい新妻がぴったり。家庭教師さんは新たな世界を開拓された感じ。連隊指揮官さんは、いつも良い味を出されているけれど、今回も期待通りのはまり役。修道院の先生はコミカルな演技もいつもながら本当にお上手。堂々たるメゾぶり。これに合唱の方々も多くの出番があって、大変だったと思う。見に来られていたS夫妻のお話では、この楽譜をフランスの古書店で見つけて某主宰に贈呈されたそう。そこで見つかったからこそこの公演があるということね。すごいなあ。
・公演が終わったのでうちでお夕飯かなと思ったら、なんとガレリアの練習ピアニストが手違いで来ていないとのことで急遽行くことに。パパかママのどちらかが行けば済む話ではあるが、こうちゃんは行く気満々になっているので(心おきなく読書に没頭できるからということらしい)、みんなで行き、パパは合唱を歌う。歌詞ががらっと変わっているので落とし込みながら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント