2月3日(土)こうちゃん凧揚げ・湯らく温泉

・先週からこうちゃんが凧揚げをしたいと言っていたので、今日のガレリア練習が午後・夜と武蔵野市民文化会館であるのを利用してお昼頃に武蔵野中央公園に行く。
画像・ちょうど良い案配に風もよく吹いていて、もってきたたこのうちまずこうちゃんが小学校で図工の時間に描いたくまちゃん凧を揚げる。こうちゃんはぬいぐるみキャラクターのくまちゃんを描いているのだけれど揚げてみると上下が逆さまになっていることを発見。でも意外によく揚がるのにパパはびっくり。ただ風にむらがあるので揚がったり揚がらなかったり。
画像・こうちゃんとママはゲーラカイトを揚げ始める。最初は上手く風を掴めなかったけれどそのうち上手く揚がるようになり、糸をどんどん伸ばして、ついに付属の凧糸は全部出し切るところまで行く。こうちゃんは大喜び。
・しばらく引いていたレジャーシートに座って凧糸の端を持っていたが、そのうち風向きが変わったのにしっかり糸を引けなかったため、段々と落ちてくる。一生懸命糸を巻き取っているのだが間に合わずついに墜落。大急ぎで凧糸をくるくると巻いていくが間に合わず。パパが替わって巻き取っていると、先に凧を見に行っていたこうちゃんが「糸が切れてる!」。なんと途中で凧糸が切れてしまっていたのだ。幸いに凧はその先のグランドに落ちていて無事回収。
・ママは合唱練習のために一足先にバスで帰り、パパとこうちゃんはしばらく凧揚げを続けてから歩いて文化会館へ。練習中こうちゃんは一休さんの伝記を読み耽る。
・合唱練が終わってからママはソリスト練があるので残り、パパとこうちゃんは近くにある温泉「湯らく」へ。こんなに近くに温泉があるとは知らなかった。
・行ってみての感想はちょっと値段に合わないなあという感じ。館内着やバスタオル・タオルのセットを貸してくれるのはいいし、ロッカールームもまあそこそこ。洗い場のシャンプー・リンス・ボディソープも充実している。休憩所がちゃんと分煙をしっかりしていてリラックスチェアが何台も置かれていたり畳の上で横になれるようになっていて毛布を貸してくれるのもいい。しかし、お風呂のバリエーションが乏しくそんなに広くない。熱いのとぬるめと二通りあるが熱いのはちょっと熱すぎ。こうちゃんは入れなかった。露天風呂も四角い造りでのんびり頭をどこかに乗っけて体を伸ばしてリラックスできるような感じではない。自然石を配置して楽な姿勢が取れるようになるといいんだけど。また入っていて空調か何かの配管がむき出しになっているのが見えるのは興ざめ。銭湯ならまあ仕方がないかなんだけど。休憩所も照明を暗くしているところがあるのはいいんだけど、一方でその同じフロアでテレビをつけてそれが見られるようになっているところもあって、その音が気になる人は気になるんだろうなあ。どうせならちゃんとセパレートするなり、休憩所として徹底するなりしたらいいと思うんだけど。従業員のサービスも今ひとつ中途半端。ロッカールームを出たところでマッサージの受付がありおばちゃんが対応しているのだけれど、いかにもおばちゃんらしい対応。よく来ているというお客さんが熱いお風呂が熱すぎとかアドバイスしているのに気の入らないことがありありの対応。銭湯の番台ならありかもしれないけれどしっかりお金を取っているんだったらもう少しちゃんと聞いてもいいのにと思う。それなりにいいロケーションで改善できる余地があるのに今二つ行き届いていないのが残念。さやの湯や深大寺温泉の方がコンセプトが施設にもサービスにも徹底しているなあと思った。結局それがお客さんの入りに反映していると思う。7時~9時頃までいたけれど結構空いていた。
・それから三鷹駅に出て白木屋に合流。
・1月6日、13日、28日に一枚ずつ写真をアップ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント