4月30日(月) 野菜の手入れ・ガレリア練習③・キャンプから戻ったこうちゃん

・今日は祝日でお休み。とはいえガレリアの連休中の練習3日目となる。
・午前中は昨日に続き植木鉢の整理。昨年のガレリアの舞台を飾った花を植えているのだが、花が咲いたものはよしとして、それ以外の鉢などをどうするか考える。昨年の春に蒔いたレモンバームは今や茫々に生えているのだが、これをどうするか。香草であるのでママがハーブティーのように飲めるのではと気がつき、インターネットで調べたやり方で飲んでみる。結構あっさりしていてのみやすい。ヘルシーでいいかも。2鉢もあるのでこれからときどきこうしてみるといいかな。
・これは花が咲いたシュンギク画像

・いちごはよく調べてみると実が今ひとつのものも多い。受粉が不十分だったか。
・昨年秋頃によく実をつけたパプリカが冬を越して、枝をよく見ると新しい葉が伸びはじめている。花芽もついているのが見える。このまま栽培してまたパプリカが実をつけてくれるかどうか。捕らぬタヌキで考えると、枝はもう伸びているので、昨年よりも早く収穫が期待できるかなと思いたい。
画像
画像


・お昼過ぎからはガレリアの練習。今日は合唱のナンバーを歌中心に。いろいろと忘れていたり、楽譜にはそう書いてあるのにやっていなかったりということがいろいろと。もう一度よく読み込んでみる必要がある。とにかくこの連休は毎日ガレリア。
・夜はママがオケ練に行ったので今宵もピアノ伴奏。ダンスナンバーは踊ることこそあれ弾くことはなかったので、繰り返しのつながり方を間違え、繰り返さなくてもいいところを2箇所弾いてしまった。ごめんなさい。
・「こうもり」は高校以来3回目。高校生のときは17歳。それから20数年。段々と登場人物の本来の年齢に近くなり、演じ方、また読み方も変わってきた気がする。高校当時はそもそもFをどうやって出すかというところから始まって、大人の世界を背伸びをして覗いてみたという感じ。大人になって舞台設定の時代背景も段々と見えてきた感じがする。ウィーンの新興階層。自らも新参者でありながら新参者を笑う気取りのある舞踏会。また、アイゼンシュタインやロザリンデ、ファルケ、フランク、アデーレ、オルロフスキーといった役も等身大に近づいてきている気がする。男と女の関係、夫婦のつながりとは、成熟した大人の対応とはといった、作品から読みとるものも変わってきているかな。

・こうちゃんは西伊豆のキャンプから帰宅。つりはしたけれど残念ながらエサをとられただけに終わったらしい。港の桟橋のところでやったとか。釣れた人はその魚を焼いて食べていて、うらやましかったらしい。
・代わりに流木で作った工作を見せてくれた。自分の名前を書いた名札や、カモメを作っていた。
・夜はキャンプなので寝袋。昨夜夜中に目が覚めたら寝袋から出てしまっていたとのこと。最初はどこにいるか思い出せず、ああキャンプにいるんだと思って自分の寝袋を探したけれど、みんな寝相が悪いので誰かの下に敷かれてしまったらしい。でもみんなを起こしてはいけないので懐中電灯は点けずに、また寝ている人がごろんんとしたところで自分の寝袋を見つけてさっと入ってもう一度寝たとのこと。
・2泊3日があっという間だったという感想があった。もう一度行きたいとのこと。また夏休みに参加してみようね。夜は8時に寝ていたらしいので、もうお疲れ。明日からは8時に寝ようかななどと言っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント