7月11日(金) ゲド戦記を見る

・珍しく19時台には退庁。ところがうちに電話してもママの携帯に電話しても全然出ない。WACがあるとは聞いていたのでもしかしたらと思って副都心線経由で帰るが途中もうちに着いてからも全然通じない。と思っていたら、お腹が空いていたので外の回転寿司で食べてきたとのこと。何てひどい。連絡がとれていたらまだ理解できるが、こちらは食べないで、もしかしたらみんなうちで食べるならお米も炊いておいた方がいいので何合か聞こうと思っていたのに。
・テレビでスタジオジブリのゲド戦記を見た。原作だと第3巻か。登場人物は同じだけれど、ストーリーが全然違う。これはこれでどきどきするストーリーにはなっていたし、ジブリらしいきれいな絵になっていたけれど。こうちゃんはときどきはらはらしてパパの後ろに逃げ込んだりしていた。
・ただこれでル=グウィンは納得したのだろうか。原作のアーキペラゴ世界の多様さや広がり、魔法をめぐる歴史が全然伝わってこない。映画として2時間程度に収めるには、むしろアレンの人間的成長に焦点を当ててストーリーを作るしかなかったのかもしれないが。
  ・この世界では真の名が重要であること
  ・竜はこの世界で畏れられる一方で知恵がある生き物であること
  ・なぜ魔法を使えなくなる魔法使いや呪い師が出てきたのか
  ・なぜ竜同士が争っていたのか
  ・魔法を使う際の世界の均衡とはどういうことなのか
  ・テナーはどういう生い立ちを背負った人間なのか
  ・竜と人間はなぜ分かれ、そのときどういう契約がなされたのか
  ・少女テルーはどういう宿命を負った人間・竜なのか
といった点を十分描ききれていなかったという印象がある。
・ゲド戦記というよりもアレン戦記という感じだった。
・ときどきナウシカやラピュタ、カリオストロを彷彿とされる場面があった。
・CMに挟まっていた来週公開の崖の上のポニョの主題歌は耳になじみやすい。こうちゃんも「ポ~ニョポニョポニョおんなのこ」とすぐ歌いだしていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0