7月19日(土) カブトムシ講座

・午前はママが区のカブトムシ講座に応募したら当たったということで、こうちゃんと自転車に乗って地域センターへ。
・入り口で親子にカブトムシ飼育のセットがまず配布される。大型のプラスチック飼育ケース、くぬぎマット、えさ台、カブトムシゼリー、止まり木と完璧。これだけのものが配布されることにびっくり。
・まずはクイズ合戦。こうちゃんも含め子供達はよくわかっていたけれどこうちゃんは最後に脱落。
・次いで用意していただいたカブトムシの生態や飼い方の資料について職員の方による解説。この方は結構カブトムシおたくっぽく、ご自分で昨年作った標本とか、10年前に作った標本とかを持ってこられてわかりやすく解説していただく。
・卵はデリケートなので、カブトムシが死んでから1ヶ月位して2令幼虫を過ぎる頃になったら出してみるとよいとか、1令幼虫には人間の体温でも高すぎてやけどしてしまう、とか。
・それから配布された飼育セットを早速開き、クヌギマットを敷いてえさ台を置いて飼育環境をセッティング。
・そしてお待ちかねのカブトムシ配布。こうちゃんは飼育ケースをもってもらいに行く。
・戻ってきたケースを見るとオス2匹とメス1匹。こんなにもらったのと聞いたらもう1匹メスがもう潜っているよとのこと。結局つがいを2組いただいたということ。これにはびっくり。まあせいぜい1匹か2匹小さなケースに入れていただける位かなと思っていたもので。高い住民税のいくらかを戻していただいたようなもの。職員による講座ということでこの企画はきっとその方が中心になって薦められたのだろうか。某座の某主宰のように好きな企画を進めているということだろうか。いずれにせよ区民には大変ありがたい。
・こうちゃんは標本にぴぴっときたようで、帰るときに入り口でどうやって標本を作るのかと質問していた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0