8月17日(日) 夏休み2日目金山博物館・ほったらかし温泉

・よく寝た。こうちゃんもぐっすり寝て、7時半過ぎにようやくはっきりとお目覚め。
画像・今日は昨日に続きもう一度砂金採り。こうちゃんはやる気満々。9時前のチェックアウトして、宿の車で金山博物館まで送っていただく。こうちゃんはもう一度展示をしっかり見たかったらしいので、共通券を今日も購入し、昨日に続き再度じっくりと展示を見て回る。
・武田氏の金は以前から知っていたが、金山との関係では、金は金山衆からの運上金であって、直接鉱山自体を支配していたものではないということを初めて知った。最盛期は戦国時代で、江戸時代も採掘が試みられたがはかばかしい成果が得られないままに閉山となり、遺跡も山の中に埋もれていったよう。
・砂金採りは昨日の経験があるので、3人とも大胆に小石を流すことができ、昨日よりも砂金の成果はあった。こうちゃんはそれでも足らずにさらにもう1回こうちゃんだけで頑張った。終わってからおみやげにパンニング皿を購入。今度荒川ででもやってみようかな。画像
・列車に乗る前に駅前の食堂で「金山そば」というものを食べる。そばには金箔が乗っていて、そばはざるの代わりにパンニング皿を使っているところが面白い。
・身延線の各駅停車に乗って、甲府まで出て、甲府から山梨市に行く。
・山梨市ではタクシーに乗ってほったらかし温泉に行く。タクシーはぐいぐいぶどう棚の間を登り、盆地を一望できるところにあった。温泉に入る前にこうちゃんとその当たりをうろうろし昆虫を探す。山中を切り開いて広い駐車場(未舗装)や道路を造ったようなところで、周りの木は松が多いことからこうちゃんのお目当ての昆虫はいないのではとも思ったが、道路の側溝にカブトムシが死んでいるのを発見。意外にこの辺りにもいるらしいということがわかった。側溝は虫にとってトラップのようで、死んでいるシデ虫などをよく発見。画像
・お風呂は眺めが抜群。露天風呂からは甲府盆地と反対側にある南アルプスに連なる山々が一望できて大変爽快。こうちゃんも露天風呂でオオサンショウウオの真似とか言って、両手を使って動き回り、とっても楽しかったようだ。途中雨が降ってきたけれど、どうせ濡れている訳だし、風呂には菅笠も備えてあって、それを被れば却って趣深いというもの。
・お風呂を出てから同じ敷地に建っているログハウスで一休み。こうちゃんが入り口のすぐ上にあったツバメの巣に気が付いた。パパは全然気が付かず、こうちゃんに教えてもらってはじめて気が付く。山小屋のようだったけれどなかなか快適に過ごせるいい温泉だった。
・それから下のフルーツパークまで30分弱ほど歩いていく。虫を探しながらなのでゆっくり。
画像・フルーツ公園からすぐ上のぷくぷく温泉まで上がり、温泉には入らなかったけれど夕食を摂る。結構お腹がいっぱいに。山の天気らしく雨が降ってきたけれど、ちょうど中にいてしっかりしのげたよう。
・今回の旅行はぐるっと回る鉄道旅行だったけれど、それなりにいろいろと中身が充実していて楽しいものだった。こうちゃんも楽しかったことでしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0