8月28日(木) 食事会・扶養の扱い

・6年ほど前にいた職場の上司と部下での食事会。当時1年生だった人がこの4月から某自治体の部長になり、またその上の係長だった人が7月に同じ県に赴任したことを契機に、集まろうということで発案してくれたもの。当時も仕事が山積みで大変な中、本当に一生懸命頑張っていた二人だったので、それぞれの立場で立派にがんばっている話を聞いてさすがしっかりやっているなと思う。と同時に時の経つ早さを感じる。当時の課長も指定職だし、すぐ上の先輩も課長だし。
・保険証の検認があるので被扶養であるママの課税証明書を出そうと思ってよく見たら何と被扶養の上限をわずか1900円ほど上回っている!8月も過ぎるまで気が付かないのも何ともぼやっとしたものだが、一旦どこかの時点に遡って扶養を抜けて国保に入り直すしかない。当然年金も国民年金加入。上限を超えたばかりに痛い出費。なかなか世帯の家計、というかママの稼ぎはママの小遣いになっているのでパパの家計は厳しいので、できるならこんな無駄な出費はしたくなかったところ。
・ポイントは①いつの時点に遡って扶養を抜けることになるか、②いつから扶養に再度入ることができるか、③国民健康保険と国民年金の保険料はいくらかといったところ。ネットで情報収集すると扶養の取り扱いは属する健康保険によって違うということなので要確認。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0