8月10日(日) 熊谷に

・昨夜から結構過ごしやすい温度。
・午前中は上司がテレビをはしごしているのでそれを見る。
・どこに行くかいろいろ検討して熊谷に行くことに。
・湘南新宿ラインに乗って一眠り。熊谷で秩父鉄道に乗り換えひろせ野鳥の森駅へ。目的地は県営荒川大麻生公園「野鳥の森」
画像・駅を出てこんもりした方だろうと検討をつけて歩いていく。堤防に登ったはいいが、最初どこに入り口があるかわからなくてしばしきょろきょろ。下に降りるところを見つけるが、堤防の草むらでこうちゃんは早速バッタやトンボを見つけ網をぶんぶん。なかなか入り口にたどり着かない。
・森に一歩足を踏み入れてみると、またいろんなムシがいる。あまり今まで見かけたことがないキイトンボとか、カラスアゲハとか、チョウトンボとか。ヤブ蚊もいたけれど、豊かな生物相にびっくり。
・この森はこんもりしたところや、開けたところ、湿地帯などいろいろあってとても変化に富んでいる。
画像・こうちゃんはこの前のサイエンス倶楽部の合宿で習ったスイーピングなどの網を使う技術を早速応用。軍手も自ら持ってきていて、これをしていればムシにちゃんと触れるらしい。今までは素手だから触れなかったということね。
・今回は基本的にキャッチ&リリース。捕まえたムシは写真に撮って放すのを基本に。こうちゃんも特に依存なし。サイエンスでそうしていたのかな?少し大人になったこうちゃんに頼もしく思う。画像
画像・荒川の河川敷なので、森から少し足を伸ばして河原に行く。暑かったけれど風が吹けば何とかなる位。河原は川砂が積もっていて、しばらく水は流れていなかったよう。実際の川の流れは向こう側のようだが、草が生い茂った中州に阻まれて水面は見えない。
・ここで河原の石の観察・収集。前つくばに行ったときにもらった「川原の石のしらべ方」(地学ハンドブックシリーズ11)を片手にこれは紅廉片岩、とか閃緑岩とか、チャートじゃないかなとか。大きな石を下に転がっている石にぶつけて割ってみたり。石を探しながら結構歩き回った。
・近くの公園に戻って一休みしてから、今度は今日のもう一つの目的地「湯楽の里」に。堤防沿いに30分ほど歩けばいいらしいので、のんびりぷらぷらとしながら歩いていく。
・温泉は久しぶり。昨年新居に越してから、お風呂に不自由しなくなったからか、出かけなくなっていた。今日は比較的そこまで暑くはないとはいえ、汗をお風呂で流せるのは気持ちがいい。ここのお風呂は前野原のさやの湯とお風呂づくりのコンセプトが似ている。椅子のように腰掛けると背中にお湯が流れてくる座湯や壺湯があったり、枕付の寝湯があったり。この際ということで風呂上がりにはマッサージもしてもらう。
・ママは熊谷うどんと雪くまが名物ということで是非これらを食べたいということで、お風呂を出てから電車に一駅乗ってお店に行ってみるが、残念ながらどちらもお店がお休み!仕方がないのでバスで熊谷駅に行ってつけうどんを食べる。ラーメンのつけ麺はあるがうどんにもあるとは知らなかった。
・それから雪くまを出す店が駅近くの喫茶店にあるというので行ってみるが、もう売り切れとのこと。残念。代わりにこうちゃんとパパでパフェを食べる。これがコーンフレークが入っていない、フルーツがしっかりと盛られた実に気合いの入ったパフェだった。
・半日の近郊の旅としては十分充実した一日だった。野鳥の森の豊かさには本当にびっくり。また行ってみたいところだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0