家計の分析

・家計を分析。年度単位で毎月の集計表をエクセルにより作成して見ているのだが、いくつか特徴が見られた。
①公共料金は前年に比べれば若干低めに推移しているが、前々年に比べると電気代・携帯電話代がかなりアップ。でも今年はガス代を口座振替にしたからその分を入れると前年程度か。
②教育費は前年並みだが、前々年に比べるとやはり上昇。内訳はヤマハで個人レッスンを入れたことで相当上昇・塾代も学年が上がっているので若干上昇。
③クレジットカード費用は前々年とは同程度だが、昨年比は結構上昇。ニコス・伊勢丹が増加。
④キャッシュカードによる引き出しは前年・前々年並み。
⑤支出全体の比較は昨年マンション購入があり、今年も住宅設備関係の特別支出があるので単純に比較はできない。ただ住宅ローン返済の負担が新たに増え、その分貯蓄が減少していることは確か。
・今後の対応案。
①携帯電話代は適宜料金体系の見直しをする。
②教育費の上昇はやむを得ないが、塾も多くなってくるのでヤマハの在り方を検討。
③クレジットカードの使用状況を要チェック。特にデパートでの使いすぎに注意。
④パパ・ママの生命保険の見直しを進める。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0